オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。
土産

オーストラリアのワイン〜健康的なオーストラリアのワイン!〜

「オーストラリア人は話し好きだなぁ〜」とは、ねこがよく思うこと。
例えば仕事中、ちょっと休憩していると同僚のオージーが話しかけてきます。週末にしたこととか行った所とか、はたまた、見た映画のこととか。
で、話しがふくらんでいきます。でも、仕事はしなくちゃいけない。
ということで、一旦その話しは収束するんですが、ランチタイムとか別の休憩時間になると「で、さぁ、・・・・・・。」と話しの続きが始まるなんて事はザラ。
自分の話したいことは屈託なくドシドシ喋る、喋りきる。清々しいほどにおしゃべり好きだと、ねこは感心するのですが。

実は、先日ワインを買いに行った時にも、そんなオージーに遭遇しました。
ねこは「シラーズShiraz)」が好きなんですが、選んでいたらオージーのおじいさんがいつの間にか横に。
「オーストラリアワインならシラーズがいいよ。」ってな具合に話しかけてきて、「そうなんですか?シラーズが一番好きなんですよ。美味しいですよね。」などと相手をしたのが運のつき。
延々とワインについて話してくれました。相当のワイン好きのようですが、話しは長かった!

その方によると、シラーズはオーストラリアならではのワインなんだそうです。
ヨーロッパからの移民がシラーズの木をオーストラリアに持ち込んできたそうですが、とうのヨーロッパではシラーズはそれほどメジャーではないそう。他方、オーストラリアでは大変メジャーで、彼に言わせると「オーストラリアワインといえばシラーズだ。」とのこと。
オーストラリアの気候は、シラーズの生育環境としてもってこいなのだと言っていました。

また、その方によると、オーストラリアのワインは健康的なんだそう。
オーストラリアではワインには完熟したぶどうを使うので、酸化防止剤を使う必要がないのだそうです。だから、健康的。健康志向の人にはオーストラリアワインがいいよ、と胸を張っていましたよ。

ちゃんとシラーズを買って帰宅後、「おじいさんの言ったことホントかな〜?」なんてネットで調べてみました。
そして、こんなページを発見!
おぉ!本当だったんだ〜!と感激したねこです。

こちらのページから付け加えると、
「ワインに酸化防止剤を使うと中和させる時間が必要なんだそうですが、酸化防止剤を使っていないオーストラリアワインではその時間は必要ない。だから若いワインを飲むことが出来る。」
とのこと。

手頃な値段で美味しいワインが沢山あるオーストラリア。
お土産としては定番の感がありますが、「健康的なワイン」というのはお土産として新たな付加価値ですね。
また、一歩進んでオーストラリアが誇る「シラーズShiraz)」にこだわってみるというのも面白いかもしれませんね。

オーストラリアの絵本1〜サンタがオーストラリアでホリデー?!〜

きょうから12月。2007年も残すところあと1ヶ月ですね。「もう幾つ寝るとお正月・・・。」なんてフレーズが浮かんできます。
でも、その前にクリスマス!皆さんは誰かにクリスマスプレゼントを渡しますか?プレゼントって貰うのも嬉しいですが、渡すのも楽しいですよね。

さて、クリスマスプレゼントを渡す人といえばサンタクロース。きょうは、そのサンタがオーストラリアにホリデーを過ごしに来た、という話題です。

と言っても、これは絵本のストーリーのことです。
Santa’s Aussie Holiday」という絵本です。

Santa's Aussie Holiday
写真はこの絵本の表紙です。
かわいらしい絵だと思いませんか?
絵だけでなくストーリーも、読んでいて思わず笑みがこぼれてしまいます。(o^-^o)

この絵本の中にこうゆう文章があります。カッコの中は、ねこの注釈です。


Each year he (Santa) likes to have some fun,
a chance to get some rest and sun;
he spins his globe for inspiration
and finds a perfect destination.


Australia is the perfect place!

(出典:Ssnta's Aussie Holiday
    Scholastic Press社 2007年発行
    Maria Farrer / Anna Walker 著)

太陽の下で休息をしにどこかに行きたいなぁ〜、と思ったサンタが見つけた場所。それがオーストラリアだったんですね。

バックに荷物を詰めて、自分のサーフボードも持ち(!!サンタもサーフボードも持っているんですね!!)、トナカイがひいたお馴染みの空飛ぶそりに乗って、まずはAustralia Zooに降り立ったサンタ。

それから彼は、沢山のオーストラリアの有名な所をまわって様々な体験をします。ワニやコアラやカンガルーなど、オーストラリアの動物達と一緒に。

ストーリーの楽しさもさることながら、絵がかわいいのです。
ページをめくるたびに、オーストラリアの動物達が登場します。そして、どのページも必ず、サンタが訪れたオーストラリアの有名な場所の絵なんです。しかも、サンタはいつもの赤い服を脱いで、オージーらしい(と言われる)格好なんです。
絵のかわいらしさと一緒に「この動物は・・・。」とか「この場所は・・・。」といった感じで楽しめます。また、オーストラリアの風土や文化のいったんも垣間見ることが出来ます。

オーストラリア旅行の記念、オーストラリアのお土産にもうってつけの絵本だと思いますよ。ねこは近くのスーパーで10ドルちょっとで購入しましたが、このサイトによると、定価は15ドル位みたいですね。

購入はしないにしても、一見の価値ありの絵本だと思います。
オーストラリアにいらっしゃる皆さん、機会があればこの絵本手にとってみてはいかがでしょう?

オーストラリアの(その方面では)有名な食べ物〜オーストラリア土産にもいかが?〜

MUSASHI」という単語を見てあなたは何を思い浮かべますか?


栄養補助食品の「MUSASHI」を思い浮かべた方ってどれ位いるんでしょう?
たまたまねこの家に1個あったので写真を載せてみました。これです。
MUSASHI
MUSASHI」、御存知ですか?


この「MUSASHI」、その方面では結構有名らしいですね。あ、その方面っていうのは、スポーツ方面・健康方面ってことです。紛らわしい表現ですみません。_(^^;)ゞ
とにかく、プロから一般の方々まで多くの愛好者がいるそうです。
日本でも発売されているようですから、御存知の方は案外多いかもしれませんね。

ねこはジムの運動の前などにたまに摂取してます。本当はちゃんと計画的に摂取した方が良いのでしょうが、ヘナチョコときたまアスリートなものですから・・・。(f^^)

で、多彩な商品ラインアップの栄養補助食品である、この「MUSASHI」、実はオーストラリア産なんです。そう!オーストラリアが誇るオーストラリアの有名な食べ物の一つなんですよ!
(これを単純に「食べ物」としていいのかという疑惑がよぎりますが、まぁ、口に入れるものってことで・・・。)

オーストラリアの有名な食べ物と書きましたが、日本との縁が多少なりともあるんですよ。
その縁とは、名前。「MUSASHI」=「(宮本)武蔵」なんですって。
創業者が、宮本武蔵から、その会社名をとったそうです。優れた競技者であった宮本武蔵の伝記を読んで感動し、インスピレーションを得たそうです。
遠く離れた海外において、日本の歴史上の人物が賞賛されているんですねー。日本人として誇りを感じますね。初めてこれを知った時、ねこはちょっと嬉しくなっちゃいました。

会社はヴィクトリア州のメルボルン郊外にあるようです。ウェブサイトを見てみると、屈強そうな方々の写真が・・・。こうゆう方々は勿論のこと、熱心にジム通いをされている方々は、プロテインだとか様々な栄養補助食品を摂取しているんでしょうね。また、栄養補助食品は今やかなり一般的なものになっていますから、ねこみたいにそんなに熱心にスポーツをしている訳ではない人にも身近な物となっているように思います。

案外、有効なオーストラリア土産かもしれませんね。
栄養補助食品を継続的に摂取するのってそれなりにお金がかかるので、摂取している人にはかなり喜ばれるでしょうね。
日本が誇る剣豪がオーストラリアで会社名になっている事を教えてあげたら、面白がる人も多いかも。
ウェブサイトを見れば分かりますが、商品ラインナップもかなり豊富ですから、色々と選ぶことが出来ます。

日本でも購入は出来るようですが、オーストラリアで買うほうが値段が安いのかな?日本では輸入品になってしまいますからね。どうなんでしょう?
購入に興味のある方は、日本の値段をチェックしてからオーストラリアに来るといいかもしれませんね。
健康食品店やスーパーで買うことができますよ。
(因みに、写真のプロテイン・バーは、スーパーで4ドル弱でした。)

オーストラリアのお土産〜意外と受けた日常食料品〜

オーストラリアのお土産の一つとしてオパールのことを先日記事にしました。
その翌日に日本在住の友人(女性・とても素敵な方です)からメールが届きまして、「私がねこから貰ったのは醤油だったわよー。そうゆうお土産話しも書きなさいよー。」という有難いお言葉を頂戴しました。

あぁ、そうでした。ここ暫く日本に帰国していないねこですが、前回の帰国の際には近所のスーパーで日常食料品を買い込んで帰ったのでした。帰国の回数が重なってくるにしたがって、お土産を何にするか行き詰ってくるんですよね。前回の帰国の時には、行き詰った挙句に「ええぃ!」と日常食料品をあれこれ買ってお土産にしたのでした。数年前のことで忘れていました。

で、この「日常食料品お土産化」の試み、結構いけました。受けました。ねこ自身が驚くほど喜んで貰えました。これからオーストラリアに旅行に来る皆さんにも使えるアイデアかもしれません。但し、気が置けない友人に限るかもしれませんが・・・。

ポイントは、日本でも買える物だけどオーストラリア製の物にした点だったと思います。
特に面白がられたのは、「醤油」と「袋ラーメン」でした。

ねこの家の近くにColesというスーパーがあるのですが、そのスーパーでは「Coles Smart buy」というオリジナル商品を出していまして、その商品ラインナップの中に「醤油」と「袋ラーメン」があるんですね。
「醤油」と「袋ラーメン」、2つとも日本が世界に誇る偉大な食文化です。それが、オーストラリアで作られているんですよ。

オーストラリア製の「醤油」や「袋ラーメン」を手にとることによって、今や日本のみならず、オーストラリアでも愛されている食品であることが分かるんじゃないでしょうか?ちょっとした日本文化再確認ですね。
また、実際に食べてみることによって、オーストラリアの味覚を垣間見ることが出来るんじゃないでしょうか?日本の味との違いが話題になって、話がはずむかもしれませんね。
日本では当たり前すぎる物も、外国で発見すれば(しかも外国製で)、ちょっと違った面白い物になりますよね。

両方とも値段は大したことありません。「袋ラーメン」に至っては、たしか50セントしなかったと思います。難点は、かさばることかな?

商品名は、「醤油」は「soy sauce」、「袋ラーメン」は「2 minite noodles」です。

食べてしまえば無くなってしまう、いわゆる「きえもの」ですから、その気楽さもお土産にいいですね。


お土産で頭を悩ますことも多いかと思いますが、そんなときはスーパーに行ってみるのも一つの有効な方法です。本日、ねこが紹介した物の他にも、「オーストラリアの日常」がゴロゴロしている場所です。その「オーストラリアの日常」が私達外国人にとっては面白いんですよね〜。オーストラリア製の「醤油」や「袋ラーメン」も然りです。

また、スーパーに行くのはお土産を買うという目的だけでなく、オーストラリアの日常を垣間見るというちょっとした観光にもなります。面白いと思いますよ。

例えば、きょうねこが取り上げたスーパー、Colesに行ってみようと思ったら、Colesのサイトにいけば滞在先の近くのColesを探せます。
トップページの左側やや上部に、
「Your store Find your nearest Coles store or view your store's trading hours」
という文章がありますから、その「Find your nearest Coles store」の部分をクリック。
次の画面で、また画面左側の
「Store Finder」
という部分をクリック。
Store Finderの画面が出てきます。少なくとも滞在先のポストコードかサバーブ名のどちらかを入力すれば、近くのColesが地図上に表示されます。


皆さんのお土産選びの一助になれば嬉しいねこです。

オーストラリアのお土産〜オーストラリア土産代表の一つ、オパール〜

日本から友人がオーストラリアに遊びに来ることになりました。数年ぶりの再会です。来豪は来月なのですが今から楽しみなねこです。

その友人から先日メールが届きました。
「日本の家族・知人に買っていくオーストラリアのお土産は何がいいかなぁ?」

あ〜、これって悩むんですよね〜。お土産選びって結構大変ですよね〜。
オーストラリアといえばコレっていう有名なお土産は様々ありますが、ありきたりなものじゃつまらないし、あまりかさばらないほうがほうがいいし、せっかくだから喜んでもらいたし、でも予算もあるし・・・、なんて考えていたら何を買えばいいのか分からなくなってきたりして。
皆さんはオーストラリアというとどんなお土産を考えるんでしょう?


今回は、オーストラリアを代表するお土産の一つであり、オーストラリアを代表する宝石の一つであり、オーストラリアの国の宝石として正式に認められている「オパール」について書きたいと思います。

オパールは、オーストラリアの三大宝石の一つなのだそうです。因みに他の二つは「ダイヤモンド」と「南洋真珠」です。

「オパール」と一口に言っても、「ブラックオパール」「ホワイトオパール」「ボルダーオパール」など様々あるそうです。中でも、ブラックオパールはオーストラリアの特定の場所でしかとれない貴重なものとして有名なんですって。

「遊色効果」と呼ばれるオパールの神秘的な輝きは昔から人々を魅了してきたそうでして、中でも日本人のオパール好きは有名なのだそうです。なんでも、あの宮沢賢治もオパールの輝きに魅了された一人で、彼の作品の中にオパールの美しさをモチーフにしたものがあるのだとか。

また、オパールは水が含まれている珍しい鉱物で、水分がなくなると濁ってヒビが入ることがあるといわれているそうです(ただ、そうはいっても普通に扱っている限りは特に問題が無いそうです)。そんな話からも察しられるように、デリケートな宝石として認識されていて、そういったそこはかとないはかなさみたいなイメージも逆に人気の原因かもしれませんね。


ねこの知人のオーストラリア人ご夫人は、「オパール」と「真珠」は身につけない、というか所有しないんですって。理由は「Bad Luck」。彼女にとってあまりついていない宝石らしいです。「真珠」は彼女に「涙」を連想させるから、「オパール」は「不幸を呼ぶ」からだと彼女が言うので驚きました。国・民族・文化・個人などなどによって色々と違うものですねぇ。

調べてみたら、確かにオパールには不幸を呼ぶ石という迷信があった時代も以前にはあったようです。他の宝石でも何らかの迷信を持ったものは多いと思いますが、そういった迷信をずっと持ち続けている人や場所もあることを改めて実感したねこでした。きっとそういった迷信もオパールや他の宝石が持つ神秘的な美しさゆえなんでしょうね。
日本ではオパールに関するそういった迷信は無いようですし、それどころか大変喜ばれるものですよね。


オーストラリアの至る所にオパールのお店はありますが、どうも品質は様々らしいです。品質重視なら信頼性の高いお店での買い物が確実でしょう。ねこがあげるまでもなく、有名なお店が情報誌やインターネットで分かります。

また、アート系の小さなお店(ギャラリー)でオパールを加工したアクセサリーを売っている場合もあります。この場合は、どちらかというとデザイン重視の方向きなんでしょうね。街を歩いているとふと見つけることもできるんじゃないかな?

オーストラリア滞在が長めの方には、オーダーメイドでの加工をしてもらえるお店もあるそうです。地元の観光情報誌などに載っている場合もあるようです。


お値段が少々高めのお土産ですが、きっと喜ばれる一品となる、オーストラリア土産の代表の一つ「オパール」ですね。

オーストラリアの食べ物〜オーストラリアのお米と日本酒〜

オーストラリアでは穀物の生産が盛んです。なかでも小麦の生産量は突出していて、オーストラリアは小麦の大供給国です。日本市場でもオーストラリア小麦は大きなシェアを占めているそう。

オーストラリアで生産されている穀物は小麦ばかりでなく、「お米」も沢山生産されています。
日本でオーストラリア米が広く知られることとなったきかっけの一つは、以前おこった米不足だったそうです。当時はタイ米なども輸入されましたが人気はあまり芳しくなく、それとは逆にオーストラリア米は評価が高かったそうです。
なるほど、ねこも移住早々から違和感なくオーストラリア米を食べてます。

オーストラリアではスーパーに行けば、いくつかの種類のお米が売られていて、まずは2つに大きく分けることができます。
その2種類とは、
Medium Grain Rice ・・・ 短米
Long Grain Rice ・・・ 長米

,Medium Grain Riceが私達日本人に馴染みの深いものですね
パッケージにMedium Grain Riceと書かれている白いお米(精米)が、多くの日本人が「お米」というときに真っ先に想像するであろうものがこれですね。
Medium Grain Riceと書かれていて茶色のお米は、玄米です。
精米の場合は「White」、玄米の場合は「Brown」という字も書かれています。

因みに△Long Grain Riceにも精米と玄米があります。

Rice

スーパーに行けば気軽にお米が買えますし、値段もお手頃です。先日、SafewayでMedium Grain Rice - Whiteの500gパックを買ったんですんが、値段はAS$1.21。ねこはお米が大好きでよく食べますので、助かってます。


そして、このオーストラリアのお米を使って日本酒が造られているんです。
その名も「豪酒」。
NSW(ニュー・サウス・ウェールズ)州のべリンスという町で造られている「豪酒」。ここに湧き出る水は鉄やマンガンをほとんど含んでいない、日本酒作りに理想的な水なんだそうです。
「豪酒」、おいしいですよ。ねこは結構好きです。
オーストラリア産日本酒を、日本へのお土産にするというのも面白いですね。

オーストラリアのお土産

お土産というと、その土地の特色を生かした産物というイメージが強いかと思います。
そうゆう視点でオーストラリアのお土産を考えてみると、まっさきに思い浮かぶのは、

・先住民のアボリジニのアート作品や、アボリジニの道具
・アボリジニのアートをモチーフにしたTシャツやカレンダーなど
・オーストラリア独特の動物(コアラやカンガルーなど)のぬいぐるみなど
・オーストラリア原産のマカダミアナッツを使ったチョコなどの食品
・オーストラリアワイン
・オパール

といったところでしょうか?これらの他にも、土産物屋・免税店などに行けば色々と見つける事は出来るでしょう。

その他として、お土産を探す場所としてぜひオススメなのは地元のスーパーマーケットです。用途は同じでも日本のものとは微妙にデザインが違う日用品ですとか、日本ではあまり見かけない色合いやデザインの衣料品もお土産として面白いのではないでしょうか。オーストラリア人の日常を生活を垣間見ることもできますしね。
地元のスーパーマーケットでは食品も手に入りますが、オーストラリア人に馴染みの食品で、お土産としても人気な物を2つ紹介しますと、

・ベジマイト(Vegimite)
  濃い茶色の塩味のきいたペーストで、パンに塗って食べたりします。
  ビタミンBが豊富。もともと健康食品なのだそうです。
  地元オーストラリアでも好き嫌いがかなりはっきりと分かれる。
  オーストラリア人のソウルフードなどと冗談めかして言われる。
・ティムタム(TimTam)
  アーノッツ(Arnotts)という会社のチョコレート菓子。何種類かある。
  甘い物が嫌いな人以外で、これが苦手という人は極めて少ないでしょう。


最後にお土産購入上の注意点として、生鮮食料品は日本に持ち帰れませんので注意しましょう。
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。