オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

アボリジニ〜オーストラリア政府の公式謝罪〜

日本でもニュースで取り上げられているようですが(例えばこれ)、本日(2008年2月13日)、オーストラリア政府はオーストラリア先住民に初の公式謝罪をしました。

このブログでも以前この記事で紹介しましたが、かつてオーストラリアではアボリジニの子供達を親から引き離して白人文化を強いる同化政策が行われていました。
その対象となってしまった当時の子供達は「Stolen Children(盗まれた子供達)」または「Stolen Generation」と呼ばれていて、一説には10万人を超す人数とも言われています。
アボリジニとしてのアイデンティティを奪い、アボリジニ文化継承において相当のダメージを与えたことは押して知るべしです。
が、それよりもなによりも、親元から子供を無理やりに引き離すという、アボリジニにとっては悲しい受難の歴史です。むごい話だと思います。

先の選挙によってオーストラリア新首相になったケビン・ラッド氏は、このアボリジニに対する同化政策に対して13日の議会で「子供と家族が受けた苦しみに謝罪する。」と述べました。

これはオーストラリア政府として初の公式謝罪です。
過去に、公人とされる人がそういった趣旨の発言をしたことはあっても(この記事を参考にして下さいね)、オーストラリア政府としての公式な謝罪発言はありませんでした。

ラッド首相は「このようなことは二度と起こってはならない。」とも述べたそうですが、本当に二度と繰り返してはいけないことですよね。

このアボリジニの悲劇。その時に起きただけの悲劇ではなく、後々もずっと、現在に至るまでその後遺症が深く残っているのも、オーストラリアのまた一面です。





オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事へのコメント
1. Posted by A   2009年02月25日 10:36
アボリジニの悲劇

その加害者は完全にオーストラリアの白人なのに、日本軍のせいにしようとしているオーストラリア人の映画関係者、、、
コレでは駄目ですね


オーストラリア人の祖先の白人がアボリジニをヒトラーも真っ青なやり方で虐殺した、と教育すべきです。

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。