オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

アボリジニ〜キーティング前首相のレッドファーン演説〜

オーストラリアでは来る11月24日(土)が、オーストラリア連邦議会総選挙の投票日です。あと1週間を残すのみになって、選挙戦も加熱していますよ〜。

総選挙前の2007年11月現在、オーストラリアの首相はジョン・ウィンストン・ハワード(John Winston Howard)氏です。第25代のオーストラリア首相で、1996年から4期も首相を務めていますから、彼の名を御存知の方は多いかもしれませんね。
そのジョン・ハワード氏の前の首相、つまり第24代オーストラリア首相はポール・ジョン・キーティング(Paul John Keating)という人でした。首相としては評価が大変に分かれる人らしいのですが、この人のした事で良く評価されているらしい事の一つをきょうはご紹介しますね。

その行為とは、ある演説です。ポール・キーティング氏が1992年にシドニーのレッドファーンで行った演説です。

非アボリジニ系オーストラリア国民に呼びかける形のこの演説の内容は、
・先住民族アボリジニに対しての歴史的な不正義を謝罪し
・オーストラリア国家がアボリジニの土地を奪い、その文化を破壊してきたことを認めることを訴え
・マボ判決を支持し
・民族和解に向けて皆が心を開こう

というものです。

「マボ判決」というのは、先住民族の1つであるトレス諸島民のエディ・マボと、クイーンズランド州政府との間に起こった、マレー島という小島の所有権を巡る争いにおける判決です。連邦最高裁が出したこの判決は、「アボリジニ、トレス諸島民はもともとの土地所有者であり、先住者としての土地に対する権利(native title)は白人の入植によっても否定されていない。」という内容で、つまり、先住民族アボリジニの土地の所有権を認めるものです。

アボリジニに対しての歴史的な不正義については、この記事この記事を参考にしてくださいね。

このキーティング氏の演説によって世論が大きく変わったのかというと、そうゆう訳にもいかないようです。この内容に反動するかのような過激な動きもあったようですし、今現在だって差別が無いとはいいきれませんからね。

でも、公の場でこうゆう発言があったことは評価されるべきことなんでしょうね。

少し前になりますが、2007年4月にABCラジオが全国5,000人の聴視者の意見をまとめたところ、「最も感銘を受けた記憶に残る演説」の第3位に、このキーティング氏のレッドファーン演説がランクインしたそうです。
因みに
第1位は、マーティン・ルーサー・キング氏の「私には夢がある」という演説
第2位は、イエス・キリストの「山上の垂訓」
で、キーティング氏の演説はオーストラリア人の演説としては第1位だったそうです。

オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事へのコメント
1. Posted by ルブタン激安   2014年04月18日 07:28
☆素材   Pony ポニー
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。