オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

オーストラリアの食文化〜B.Y.O.って何?〜

外国での楽しみの一つに、「食事」がありますよね。

ただ「食べる」ことだけでなく、その「盛り付け」や、レストランの「インテリア」「建物そのもの」「雰囲気」「システム」などなど、日本ではあまり見ないものを見たり感じない事を感じたり。食文化の違いを実感できるはずです。

オーストラリアのレストランで食事するというトピックの際、必ず言われる事の一つに「B.Y.O」があります。

B.Y.O.」とは「Bring Your Own」の略です。各自がお酒を持参するパーティの時に英語で「Bring Your Own Bottle」と言いますが、それと同じ意味でして、「B.Y.O.」という表示があるレストランにはお酒を持参していいんです。つまり、「B.Y.O.」=「(ご自分が)好きなお酒を持ち込んでいいですよ」ってことですね。
なんて素敵なシステム

でも、この「B.Y.O.」、注意点が2つあります。

一つ目は、「お酒の種類をワインのみに限定しているレストランが殆ど」ということ。そう、持ち込めるのはボトル・ワインのみという場合が殆どなんです。
他の種類のお酒が飲みたい場合には、「他の種類のお酒を持ち込んでもいいか」または「他の種類のお酒をそのレストランが提供しているか」をレストランに聞いてみましょう。いきなり一升瓶抱えてレストラン行かないで下さいね(あ・・・そんなことしないか・・・_(^^;)ゞ・・・)。

注意点の二つ目は、「コーケージ(Corkage)」です。これは、いわば「持ち込み料金」。
自分でボトルを持ち込むといっても、ボトルの栓はレストランのスタッフがあけてくれますし、レストランのグラスを使ってワインを飲む訳なので、それに対するチャージだと考えればいいでしょう。
このCorkage、小額ではありますが(お店によって違いますが、いずれしろたいした額ではありません)大抵のレストランでかかります。会計の時に驚かないように、覚えておきましょうね。

因みに、酒類の販売にライセンスが必要なオーストラリアでは、お酒を提供することが出来るレストランには「Licensed」の表示があります。「Licensed」の表示があっても、それに並んで「B.Y.O.」という表示があれば持込みOKです。


「経済的」で「合理的」なシステムと言われる「B.Y.O.」ですが、もう一つ、「異国文化を感じることができる」システムでもあるでしょう。
豊富な種類があるオーストラリア・ワインの中から興味のある銘柄を選んで、オーストラリアの外食文化である「B.Y.O.」を体験する。
旅の思い出にどうですか?

オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。