オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

オーストラリアの電球〜電球の差込口に注目〜

オーストラリアでの生活が長くなれば、電球が切れてしまって新しい物と交換する必要が生じる事もでてくると思います。

この電球ひとつからも、実はオーストラリアの文化が垣間見えるんです。
電球の差込口に注目してみて下さい。

日本で私達が見慣れている電球の差込口は、ねじ込むための溝があるものですよね。ところがオーストラリアでは、その溝がないタイプの電球が多いんです。
ねじ込むための溝はなくて、その部分はスムーズな表面なんです。その代わり、2つの小さな突起が出ています。電球をつける先に、その突起が差し込まれるべく穴があって、その穴に合わせて電球をはめ込んで、ちょっと回して(穴から突起をずらす)固定するという寸法です。
そう、オーストラリアでは多くの電球は「はめ込み式」なんです。(日本と同じように「ねじ込み式」のものもあることはありますよ。)

これは、実はもともとイギリス文化なんです。ねこはイギリスには行った事はないのですが、イギリスもはめ込み式の電球が多いと聞きました。
イギリス文化の影響が強いオーストラリアならではの生活の一面ですね。


この、2種類の電球の差込口の話は、電球の発明当時にまでさかのぼるそうです。
日本で私達が当たり前のように知っている「白熱電球を発明したのはエジソン」という事。実は、その頃に、イギリス人のスワンという人も白熱電球を発明していたんでそうです。
スワンの発明した白熱電球はせいぜい40時間しかもたなかったのに比べ、エジソンのそれは長時間もったということです。因みに、エジソン電球は、日本の京都の竹を炭化したものを使ったことによって長持ちに成功したそう。

イギリス人のスワンの発明した白熱電球は差込口が「はめ込み式」で、アメリカ人のエジソンによるものは「ねじ込み式」だったそうでして、それが現代にまで継承されているんですね。ねこの知り合いのイギリス人によると、イギリスでは「白熱電球の発明者はスワン」というのが一般的ということなんですが、本当でしょうか?御存知の方、教えて下さいね。


日本とオーストラリアでの電球の差込口の違い、「ねじ込み式」か「はめ込み式」かという違い。ちょっとした事なんですが、原因をたどってみると、各々の国がどこの国からの影響が強いのかということがうかがい知れて面白いですね。

オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック
1. エジソンの発明、晩年の研究を紹介します。  [ エジソン 透明人間 ]   2007年05月19日 19:41
エジソンの晩年といわれた透明人間についてお伝えしていきます。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。