オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

オーストラリアの英語〜独特の表現〜

loo」という単語、聞いた事ありますか?

loo」とは「toilet」のことなんです。オーストラリアではトイレの事を「loo(ルー)」と言うんです。これはオーストラリア独特の英語というよりイギリス英語なのですが、オーストラリア人も日常的にこの表現を使います。イギリス文化の影響が色濃いオーストラリアを感じますね。

イギリスではもともとアッパークラスの人々が使っていた単語なのだそうですが、今では広く使われていて、オーストラリアでもしかり。ねこのまわりのオーストラリア人も皆使っています。どちらかというと、今ではカジュアルな表現といったほうがいいそうです。

Where is the loo?
とか
I have to go to the loo.
のように使います。


アッパークラスの言葉ということで思い出したのですが、オーストラリア人で自分をアッパークラスに演出したい人(気取りたい人)がつかう方法として、「プラムが口の中に入っているように話す」というのがあるそうです。これもイギリス文化の影響であるらしく、イギリスのアッパークラスの人々はそうゆう喋り方をするという世間の認識がもともとあって、これに習っているんだそう。

もちろん、意図したのでは無くもともとそうゆう話し方の人もいるわけですから、そういった話し方だからといって、その人なりを判断する材料となるわけではありませんよ。

「プラムが口の中」・・・・・どんな感じなのか皆さん想像できるでしょうか?「プラムをひとつ口の中に入れて、唇を窄めたようにして話す」ということなんですが・・・。

ねこの友人が、いい例ということである女優さんを教えてくれました。
その女優さんの名は、Maggie Smith(マギー・スミス)。映画「Harry Potter(ハリー・ポッター)」シリーズでのマクゴナガル先生役としてご存知の方は多いでしょう。イギリスを代表する名優ですよね。イギリス王室からDame(デイム)に叙勲されています。いかにも品のよさそうな女性ですよね。
この方の喋り方が、「プラムが口の中に入っているよう」なんだそうす。

オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事へのコメント
1. Posted by セリーヌ ラゲージ ファントム   2013年12月27日 17:24
セリーヌ CELINE ホリゾンタル?カバジップ 169243 グレー トートバッグを紹介します。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。