オーストラリア総合情報館

オーストラリア総合情報館
オーストラリアへ移住した 管理人ねこ による、オーストラリアに関する情報サイトです。オーストラリアの旅行、留学、ホームステイ、ワーキングホリデー、観光、ビザ、土産、文化、生活、不動産、スポーツ、食べ物、ワイン、動物、そしてシドニー、メルボルン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリズベンなど丸ごと紹介しますね。

オーストラリアのワイン〜世界最古のブドウの木〜

以前も書いたのですが、オーストラリアは南半球のワイン大国

Jacob’s Creek(ジェイコブス・クリーク)、Brown Brothers(ブラウン・ブラザーズ)などなど、様々なオーストラリアワイン銘柄が、日本でもだいぶ人気となってきているようですね。

有名な産地として
ニュー・サウス・ウェールズ州(NSW州)にあるハンター・ヴァレー(Hunter Valley)
ビクトリア州(VIC州)にあるヤラ・ヴァレー(Yarra Valley)
南オーストラリア州(SA州)にあるバロッサ・ヴァレー(Barossa Valley)
などがあげられますが、これに限らずオーストラリア国内には大小様々なワイン生産地が60地区以上あるそうです。

スーパーやリカーショップなどのワイン売り場に行けば、オーストラリアワインの多さと、値段の手頃さに思わず笑顔の方も多いのではないでしょうか?ねこも嬉しくなっちゃいますね〜。

さて、今では大変盛んなオーストラリアのワイン醸造。このワイン醸造にかかせないブドウの木は、イギリスからの移民がオーストラリアに持ち込んだそうです。1788年のことだったそう。
ブドウの木だけでなく、その栽培方法やワイン醸造も、ヨーロッパからの移民たちはオーストラリアに持ち込み、1890年代には上記のハンター・ヴァレー、ヤラ・ヴァレー、バロッサ・ヴァレーなどがワイン生産地として確立したのだそうです。
一番初期から考えると200年余の歴史を持つオーストラリアワインなんですね。

そんなオーストラリアワインの世界で、オーストラリアが世界に誇ることの一つが、「幾つかの世界で最も古いブドウ品種」なのだそう。
なぜ、オーストラリアに世界最古のブドウ品種があるのでしょう?
それは、昔ヨーロッパなどで起こった深刻なアブラムシの被害が、オーストラリアではそれほどなかったことに起因するそう。
地理的に隔離された場所であった幸運と、検疫などによる人的努力の賜物ですね。
南オーストラリア州のバロッサ・ヴァレーやアデレード・ヒルズに、その世界最古のブドウの木があるそうです。歴史を見つめてきた、由緒あるブドウの木なんですね。

そんな豆知識とともに飲むオーストラリアワインの味はまた格別なのでは?・・・って、ねこはいつも「おいしーっ!」と喜んでますが。

因みに、近年のヴィンテージで良いとされている年は
赤ワインは
1994、1995、1996、1998、1999、2001、2002、2005
白ワインは、
1994、1996、1999、2000、2002
なのだそうです。

オーストラリア総合情報館への人気blogランキング協力お願いします!

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
■オーストラリア総合情報館でお伝えしたいこと

オーストラリアへ移住した 管理人ねこ です。移住して、「さあ、これから!」ということで、オーストラリアで奮闘しています。


『オーストラリア総合情報館』は、オーストラリアへ旅行、留学、ホームステイ、ワーホリ(ワーキングホリデー)、更に移住で来られる人達へ向けて、ねこの日々の生活の中から有益な情報をお届けするブログです。


オーストラリアのスポーツや食べ物、ワインなど文化や生活や観光に関すること、更には、オーストラリアでの投資関連(銀行、株、不動産などなど)情報など盛りだくさんに紹介する予定です。


独自の文化を育み、でも親日なところも見せる、オーストラリアについて少しでも多く伝えることができればと思っています。


もし『オーストラリア総合情報館』の情報がお役に立てたら、嬉しいです。そして ねこ のやる気をもっと増やしてやろう!なんて思ってくれた人は、人気blogランキングのご協力お願いします♪


あなたのオーストラリアとの関わりがより深くなることを祈っています。。。